日本語教師の仕事内容を知っておこう

0 Comment

日本も外国から、かなり注目を集めています。年々観光客も増えており、さらに日本で働く人や、さらに就学する人などその目的もさらに広がってきています。
それに合わせて、日本語教師の数も質も期待も、さらに求められるようになるでしょう。

■日本語のレベルもさまざま

日本語教師と聞くと、外国人に日本語を教えればいいと思うでしょう。
その日本語といっても、普段の日常会話もあれば、さらにビジネスの場面での会話、また大学などの論文や教育の場面など専門的な会話などレベルの差があります。
さらに従業を受ける外国人も大人からさらに子どもまでも年代の幅も広いですし、すぐに頭に浮かべる日本語学校から、個人での家庭教師として教えるなどスタイルもさまざまです。
外国人や年代によっても日本語の教えるレベルの差があり、それによって教えするスタイルも変わるので、それに適した日本語も話せないといけないと言うことなのです。

■日本のことを教える

日本語教師は、日本語を教えることだけと思われていますが、決してそれだけではありません。日本のことを教えないといけないのです。
例えば、日本語学校だと授業中に日本の様子やマナー、日本人の性格や考え方、最近の流行り事や地域のスポットの話も出さないといけないのです。
また、授業の合間にも外国人から、日本について聞かれたり、生活について相談もされたりするのです。
また、相手が外国人の子どもならば、日本の遊びを教えるなんてこともあります。折り紙なんか教えるといったこともあるのです。

■学校の先生並み

また、会話だけでなく読み書きも教えると言うケースもあります。
このように範囲も広く日本語や日本について教えたり、アドバイスをしないといけないのです。
もちろん、教えるためにはいろいろとテキストの準備や教えるスケジュールも考えたりと、普通の学校の先生並みと言えるでしょう。

関連する記事