日本語教師は安定した仕事なのか

0 Comment

日本語教師と聞くと、やっぱり先生なのでやりがいのある仕事とか教えるのは大変そうなど、プラスのイメージもあれば、マイナスのイメージも人によって変わってきます。
でも、なかなか身の回りによくある仕事ではないので、その安定性も気になりませんか。

■日本語教師のスタイル

日本語教師というと、やっぱり日本語学校です。都心部だと駅の周辺などに学校が見かけられます。
また民間の日本語学校だけでなく、大学などでの日本語教師というケースもあります。
あとは、個人の家庭教師もあります。自宅へ行き教えるスタイルから、最近だとスカイプで教えるといったスタイルも出てきているようです。

■日本語教師は安定した仕事なのか

民間の日本語学校で働いていても、実は非常勤ということも多いようです。いわゆる契約してその期間だけ働くなんてこともあるようです。
正職員として働くのは、日本語学校によっては少ないかもしれません。
そうなると、授業のコマ数や時間に単価をかけた金額が給与となるため、なかなか手取りは少なくなることも予想されます。その手取りも20万円から25万円くらいとの声も聞こえてきます。
なかなか収入アップなども厳しいかもしれません。
また、非常勤ともなると毎日の勤務でないケースも出てきます。
ですので、人によっては複数の民間の日本語学校に在籍していたり、別の仕事やアルバイトをしていると言うケースもあります。なかなか日本語教師だけでの生活は苦労も見受けられます。

■やりがいはある仕事

安定性では必ずしも評価は高いとはいいきれません。しかし、日本語や日本のことを教えるということでは、やりがいのある仕事とも言えそうです。
また外国人とコミュニケーションもとるので、社交的な人には向いている仕事と言えそうです。
逆に副業として日本語教師を選ぶなど、安定性とは別のところを求めてみるのもいいかもしれません。

関連する記事